気ままな一人旅はいい

自分自身とゆっくり向き合う時間に

旅行とひとくちに言ってはみても、大勢で連れ立っての団体旅行もあれば、自分一人だけでの気ままな一人旅もあります。

では、このどちらがいいのかといえば、それも一概には言えないわけで、つまりはその目的によって、またその時々の気持ちしだいで、大勢で連れ立っての旅がいいという場合もあれば、それとは逆に一人だけで気ままに旅するのがいい、といった場合もあるわけです。

観光旅行であるような場合には、やはり、一人で行くよりも多くの人たちと一緒の旅行である方が、その楽しみも増すというものですから、そうした場合には団体旅行でということになるでしょうし、そうではなく、日常の慌しい毎日から少し距離を置いて、自分自身を見つめなおしてみたいというような場合には、一人で静かな温泉地などを訪れで、自分とゆっくり向き合う時間をすごすために一人旅を選ぶ、というようになるのではないでしょうか。

このために、一人旅というものは、時には感傷旅行、センチメンタルジャーニーと呼ばれることもあって、非常に私的なものであり、また、ちょっと感傷的でもあって内省的な趣を持つもの、といった性格のものだとも言えるでしょう。

このように、同じ人であっても、その時の気分と目的によって、多くの人々と連れ立っての団体旅行をしたいこともあれば、自分一人だけで、自分自身を見つめ直してみるために一人旅がしたい、ということもあるといった具合なのです。

また、このことは、他の人々と共にいたいという気持ちがあると同時に、自分一人になりたいという気持ちもある、というように、おそらくは誰もが持ち合わせているであろう、相反するとも言える人の心情というものが、旅行というものには投影されるものであって、その双方の現れ方が、片や団体旅行であって片や一人旅、といった形になって表れる、ということなのではないでしょうか。

そして、このどちらもが、後々になって、忘れがたく脳裏に蘇ってくる思い出となるもの、なのではないのでしょうか。

人気の旅行サイト

モルディブの格安ホテル

最高のハネムーン、大切なホテル選びはこちらからどうぞ

ハワイの格安ホテル

人気のオプショナルツアーも探せる、便利なハワイホテル予約サイト

中国の格安ホテル

シャングリラなど、穴場リゾートがいっぱいの中国。ホテル予約はこちらから

↑ PAGE TOP